« 困った綾とり | トップページ | 海Ⅱ~「困った綾とり」より »

2014/04/20

海Ⅰ~「困った綾とり」より

海の話は沢山あるさ…と言ってすぐにノロウィルスでダウンした。
あーつらかった。

でも想い出したことがあった。
それは奄美大島に眠る父のお墓。
海に向かって立っているんだ。

私の生まれた奄美大島の北端にある「西古見」という部落。
今ではもう、いわゆる「限界集落」だ。
だからなのか、未だに手つかずの美しい海がある。
その部落のはずれに、父の墓は立っている。
あまりに美しい場所だから、余計に悲しくなるんだ。

私の母親は、20年も前に死んだ父親が、その海を一人歩く姿を夢に見る。
それは決まって、月夜の浜辺だとか。
母は必死で父を呼ぶ。
でも父は少し振り向いただけで、どんどん遠ざかっていく。
あんな憎んでいた父を、母は呼び続ける。

「困った綾とり」に登場する母親は、
まさに、こんな母親なのです。

042203
photo:Morio Kimura

« 困った綾とり | トップページ | 海Ⅱ~「困った綾とり」より »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583425/59502992

この記事へのトラックバック一覧です: 海Ⅰ~「困った綾とり」より:

« 困った綾とり | トップページ | 海Ⅱ~「困った綾とり」より »