« Silence | トップページ | ひけらかすことなく »

2012/12/14

「最強のふたり」

って、ロングランしてる映画のはなし。

フランス映画って、何気におちが不明で、難解?
いやむしろ単純すぎてわからない?。。。いや、文芸なのかエンタメか。。。
とにかく、日本人にはなじみのハリウッド映画とは全く違うノリ。
いや、だったというべきかしら。リュックベッソンあたりが出てきたころから、フランス映画ってカテゴリーは微妙になった、と思うけど。

「最強のふたり」
それにしてもハリウッド的な映画です。
べつにいいよ、私はすき。「これでどーよ!」的な映画は最高に高揚する。
何とも分り易くて、シンプルにバッチバッチと決めてくれるから、面白い。
これって実話だって。
世の中って、どえらい金持ちがいるんだねー、みたいな。(そこかい!)

でもなー
もしフランス映画とハリウッドのよいところどりをした映画で、一番おすすめは、リュックベッソンの「ニキータ」
彼が「レオン」より前に、フランスで制作した映画。
映像暗くて、B級な感じだけど、洗練されてない分、生々しくて息が詰まるっていうか。
とっても素敵なフランス映画だ。

フランス映画って、今どんな人が有名なのかわかんないけど。。。

おっと、いるね、フランソワ・オゾン。
映画「スイミングプール」なんて、文芸と芸術のかほりがぷんぷんしてる。
円熟してハリウッドから干された女優が、こぞって出演したかったらしい。
だってこの映画は、若さに媚びなくても成り立つ女が主人公だからだよ。
地球上、どこに行っても女を取り巻く環境は一緒ってことか。

「最強のふたり」を観た帰り道、
なんか、つんと懐かしい映像が浮かんできました。

ちょっと昔の「チャンス」っていう映画です。
晩年の(といっても53、4歳)ピーターセラーズ主演。
すごくいいですよ。
心から、映画って、俳優って…素敵だなぁと思った作品でした。

私が映画評論家なら、
この作品のほうをお勧めします。
実話じゃないけどね。

E0d4deab0738cdb991fa9e593ea7ace7




« Silence | トップページ | ひけらかすことなく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583425/56319504

この記事へのトラックバック一覧です: 「最強のふたり」:

« Silence | トップページ | ひけらかすことなく »