« 過去 | トップページ | 致死率100%を生きるということ。 »

2012/10/07

俳優の死

大滝秀治さん亡くなりました。
思い出すのは、
2年程前、紀伊国屋サザンシアターの公演で拝見した姿。
文学座の西川信廣さんの演出で「定年ゴジラ」に出演してらっしゃった。

私は、西川さんのWSに参加した後だったで、興味もあったし、
しかしそれよりも、とある雑誌で、「定年ゴジラ」の稽古で、大滝さんが衝撃を受けたというインタビューを読んだから、サザンシアターに出掛けたのだ。

彼は、こんなことを言っていた。
「今回の稽古に参加して、大きな壁にぶつかった。表現するということは、感情をさらけ出すだけでは到達しない領域なのだとこの年になって知った。必死で向かっています」

いくつになっても、本物を目指し、そこに行き着こうとする姿には、ただひたすら尊敬します。
あの記事を読んだ時、とても嬉しくなり、勇気をもらったこと、覚えています。

ご冥福をお祈りします。

« 過去 | トップページ | 致死率100%を生きるということ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583425/55838597

この記事へのトラックバック一覧です: 俳優の死:

« 過去 | トップページ | 致死率100%を生きるということ。 »