« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012/04/27

ソウル・サーファー

「soul surfer」とは、特別な才能を持ち競技に勝つことを目的とせず、波に乗る真の喜びを知るサーファーのこと。

2003年10月、サメに片腕を奪われた13歳の天才サーファー、べサニー・ハミルトンの自伝の映画化。

Mr.wakakuraにいただいた試写会の招待状で、配給元のディズニー試写会に行きました。
素直に心が揺さぶられる映画でした。
キャストも映像も音楽も、素晴らしかった。
公開は6月、ぜひお勧めします。実話です。

映画のエンドロールの流れる間、この物語の主人公バサニーのホームビデオの映像が流れます。
この映画がいかに物語を誇張することなく事実に忠実に、真摯に制作しようとしたかが分かります。
http://disney-studio.jp/movies/soulsurfer/

2012/04/19

3年目の約束

演歌のタイトルみたいだが。

私がSelah Japanを作った時に、スーパーバイザー箕川氏と交わした「3年」という約束。
目指したのは『プロフェッショナルの俳優集団』。

だから相当の覚悟で来なさい。
どんなに苦しくても3年は続けなさい。
地上のきらびやかなものに惑わされずコツコツと地下を掘り続けなさい。
そして…その時が来たら、湧きあがる間欠泉のように一気に才能を開かせよう。


正直3年後死んでるかもじゃん、とも思った。
現にこの間、未曾有の天災が起き、姉は前頭葉が壊れ、親友は死に、母親は事故で歩けなくなった。
なにこの展開。

今年3年目。
あと1年を全力で行きましょう。
かけがえのない仲間がいます。
何があっても怯まず行きましょう。
夫や友人たちに「いつまで練習してるの?」と言われてもcoldsweats01

このブログを始めた当初に、Mr.minokawaが書いてくれた記事を以下に引用します。
さて、我らはいまどこら辺に…。
      ............................................................................................................................

役作りとは、心にリンクする。つまり、「自らの心の深みに光を当てながら、それをいかに役の人物に投影し、これを具現化していくか」にある。この具現化のレベルが次のようになる。 

1.幼稚園卒業レベル・・・自らの心の深みを体現化できること
2.小学校卒業レベル・・・自らの心の深みを役の人物に投影し、これを体現化できること
3.中学卒業レベル・・・自らの心の深みに光を当てるのは誰なのか、その対象を自由に変えた上で、これを自由に体現化できること
4.高校卒業レベル・・・自らの心の深みに対して、役の人物をあらゆる角度からに投影し、これを表現化する基礎技術があること
5.大学卒業レベル・・・<1.2年>表現のテクニックを学び、これを応用できる能力があること
<3.4年>自らの心の深みに対して、役の人物をあらゆる角度からに投影し、これを縦横無尽に表現化できること

2012/04/08

真冬のロケ@YUMI

明日から六本木の映画館で「DROP CINEMA FESTIVAL 2012」というイベントが始まります。
その中で上映されるショートフィルム「くださいの日」という作品に出演しています。
http://enbuzemi.co.jp/drop/2012spring/

昨年の12月から今年1月に都内や郊外でのロケ…さぶかった…。
私の役は「謎な隣の母」

上映は1回だけだそうです。
よかったら出掛けてみてください。

上映:4/14(土)11:00~
シネマート六本木
〒106-0032 東京都港区六本木3-8-15   TEL:03-5413-7711
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/

アクセス:地下鉄六本木駅3番、5番出口より徒歩約2分

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »