« 椅子たちの反乱=fm箕川功貴= | トップページ | ショーケースに仕掛けられた愛 »

2011/02/23

正しいエンタメ演技プラン=fm箕川功貴=

 昨日、4/1のショーケース「三人姉妹と奇妙な仲間たち=のレッスンをした。ここで全員が同じところを見て第一ゴールに向かって欲しいと思い、演技プランの確認をした。この演技プランを正確に立てられること。これができないとゴールどころかスタートラインにも立てない。今回のショーケースが発表のための発表にならないためにも、普通のことを普通にできるようになってもらわないと困る。日本のプロ連中の中には、この普通のことさえできない方々がそこらじゅうにいる。少なくとも、これと一緒になって欲しくないし、一緒にされても困る。

○エンタメ演技プランのポイント整理

1.役の人物に魅力的なキャッチフレーズをつくる~キャッチ1x2=全体のキャッチ

・目的・動機・逆転(セラあるいはエンタメ)ポイントまでがキャッチ1

・逆転からカタルシス・ポイントまでがキャッチ2

2.No1に適応する役づくりをする~minokawaメソードでは、主にインストール・プラン

3.エンタメ・ポイントのフレームを丁寧に吟味する

・演技の本質~表のテーマを知り、その裏をかく

・感染力の醸成

・共感ポイントの絞込み

 上記エンタメ・ポイントの表については、2/23付けの箕川功貴blog参照。

« 椅子たちの反乱=fm箕川功貴= | トップページ | ショーケースに仕掛けられた愛 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正しいエンタメ演技プラン=fm箕川功貴=:

« 椅子たちの反乱=fm箕川功貴= | トップページ | ショーケースに仕掛けられた愛 »