« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010/10/27

価値なき者の伝説

 価値なき者が価値あるものに変わっていく。このテーマは、ドラマの真髄になる(10/27付箕川功貴blog参照)。それにしても、随分長いこと俳優教育にも携わってきた。長い割には稔りの少ない、というか、罪つくりな仕事でもある。俳優になれるかもしれないと期待させて、入学させ、俳優ごっこのようなレッスンをして、結局は放り出していく。放り出された俳優の卵らしき者たちは、いくつかの養成所を渡り歩いた挙句、やがて夢を諦める。そんな中で、私は本ものを提供してきたつもりだが、それもまた虚しいことだった。なので、ある時この分野からきっぱりと足を洗った。いや、そのはずだっだ・・・。

 それがどうして、またもやこの非生産的なところにノコノコと戻ってきたのか。昨日、いいかげん嫌気が差した。「おまえたちを世界のレベルに引き出してやる」と豪語した割には、降参も早い。しかし、その帰りの車の中で聴いていたある聖書のメッセージに我が意を得た。それはこんなメッセージだった。

続きを読む "価値なき者の伝説" »

2010/10/18

Jast do it!←Just do itでは?←ほんとだぁ。。。

どうして俳優をやりたいのだろう。
どうして演ずることが、こんなにも好きなのだろう。

最近、その答えが分かった。

「私は、あなたと繋がりたくて舞台の上に立つ」

あなたの生きてきた道、そしてあなたがこれから行こうとする道、
そのどれをもを愛してる、と言いたい。
ほら、あなたはこんなにも懸命に生きていると、言いたい。
どんな「命」にも意味と意義があると、言いたい。

なんとセラでは、神様の事も学んでいますが、学べば学ぶほどに、人間が愛おしいと思えます。
確固たる確証も未来もなく、必ず死んでいく事だけが確かなこの人生の中で、愛したり憎んだり、解りあったり反目したり、死や病に怯え、あがらったり享受したり、多くの時間を費やして右往左往している人間を、とても愛しているし、いつも向き合っていたいと思わずにはいられない。

自分探しの旅のツールだった「演劇」には、もう興味がない。
自分が何者になりたいか、なんてどうでもいい。
あなたが何者か、私たちって何者なの、ってことの方が興味深い。

舞台の上で完璧に人間を表現できる俳優でありたいです。
いろんな人間をね。
だからこそ、俳優としてプロフェッショナルになりたいのです。
自己憐憫や自己満足ではなく、表現者としてのプロフェッショナルに。
それが、世界に通じる俳優だというのなら、世界を目指す。
もし宇宙なら、トーゼン宇宙も目指す(笑

続きを読む "Jast do it!←Just do itでは?←ほんとだぁ。。。" »

2010/10/11

10/12 体験レッスン

今回のレッスンは、
「個人レッスン」が無料で体験できます。

集団レッスンと異なり、一人ひとりの到達度に合わせて、きめ細かい指導が受けられるので、その効果は絶大です。
あと若干名、受講可能です。
希望者は、メールにて申し込んで下さい。

10/12(火)1900〜2030
調布市せんがわ劇場3F
selah.japan@gmail.com

2010/10/05

アップルパイ会議

今日はセラ・ジャパン恒例の公開稽古です!
スタート時刻が30分遅れ、19:00~20:30の公開となりました。
よろしくお願いします。どなたでも見学できます。無料です。

3ヶ月ぶりのオープンハウス。怖いですね~楽しみですね~happy01
さて、いつもセラの稽古場で飛び交う言葉の一つ
「それは何のために?目的は?」
こう正面切って聞かれると、なにか高尚な答えを期待されてるのかしら…などと深読みし、えっとえっと…自我の救済のため?いやもっと単純に…人類救いたい、とか?…やっぱり宇宙?…無理っ…。こんなことも解らない私って何、ここはどこ…shock

ああこれでは、何もやらないうちに力尽きてしまう(笑

答えはいつもシンプル。ほらそこに見えている。
それはね…

というテーマで会議します。
…はウソ。
只今ス〇バで新発売アップルパイが激ウマということなので(AMY情報)セラメンバーの試食会 兼 作戦会議。
レッスン生も来れば~?ヒント満載の話題が山ほど出ますよwink

from yumi

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »