« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010/09/30

10/5オープンハウス(公開稽古)

7月から始まったレッスン第2クール。
目指したゴールは…

1. 喜怒哀楽の感染力 中級
2. 正確なキャラクターづくりと確かなインストール
3. ドラマの分析法に従ったシーン ・・・ そのエンターテイメント効果

セラのメンバーはこのゴールを見据えつつ
それぞれの与えられた課題にチャレンジします。

また今回はセラのレッスン生が、オープンハウス初参加!
minokawaメソードを受講して3ヶ月、彼らの目指したゴールは…

1.その場で根こそぎキャラクターを変える ・・・ ハリウッドの一般的オーディション・ポイントにチャレンジ
2. ドラマの分析力
3.共感性 ・・・ 同感と共感の違いを明確にできる

メンバー&レッスン生が、評定B+以上を目指して猛チャレンジですhappy02
さて今回はどんな衝撃の結末が待っていることやら。。。( ̄ー ̄)乞うご期待!
どうぞ目撃にいらしてください。

日時 10月5日午後6時30分スタート午後7時スタートに変更になりました。
会場 調布市せんがわ劇場 3F稽古場

2010/09/08

長~いベンチ。

昨日はなんだか申し訳ない結果に終わりました。

けど、それが返って原点回帰できてありがたかったりもしました。coldsweats01

続きを読む "長~いベンチ。" »

2010/09/06

作品の根底に流れるもの

数日前に、座学がありましたね。
最後のほうに、多くの作品の根底に流れているものは、私たちのもっている常識とは正反対の流れだ、みたいなことを話してました。

続きを読む "作品の根底に流れるもの" »

2010/09/04

エテュード化にあたり from箕川功貴

 音現象をエテュード化するという課題について、条件、テーマ、ア、環境をそれぞれチョイスしてもらいました。さて、そのやりとりですが、次のことを生かすようにしてください。

1.自らの弱点、欠点、罪責感、恐れ、怒り、認めてもらおうとしていることなどを羅列する
2.そこからいくつかの言葉を即興的に選び出す
3.相手が出した言葉に対して、そのネガティブな考え方をポジティブに転換することを心がける

<例>

A 「私は緊張しいで、肝心な時になるとうまくいかないで、なかなか認めてもらえない・・・。」
B 「でも緊張するから、それが慎重さや前もっての備えにつながるじゃない。だから、あなたは大きな失敗はしないのよね。」
A 「では、なぜ認めてもらえないんだろう」
B 「誰に認めてもらいたいと思っているの?」
A 「誰にって、世間によ。」
B 「世間って、このベンチに?」
A 「ベンチ?」
B 「そうよ。私たちにはこの長~いベンチしかないんだから。あのときのことが悔やまれてならないわ。」
A 「でも、人は悔いるから反省があって、新しい気持ちでまた(力を込めて)踏ん張っていけるんんじゃない。」
B 「でも、このベンチさえなければ・・・」
A 「このベンチがあるから、こうして私たち一緒にいられるのよ。」
B 「でもまあ、こんなに遠くに離れて。どうしてそんなに遠くにいるわけ?」
A 「だから私、人前に出ると何もしゃべなくなるから・・・」
B 「そんなに美しくて、かわいくて、お話も上手で、贅沢な話だわ。私なんかこの顔よ。」
A 「でも、そんな顔だからみんなも安心するのよ。美人を見るとみんな想像以上に期待するのよ。」
B 「ねぇ、これなんとかならないの?」
A 「それだけはなんともならないうのよ。人間は名前も顔も国も家も両親も選べないんだから。」
B 「まあ素敵!じゃあ、それ以外のものはぜ~んぶ選べるんだ」

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »