« 5月の公開レッスン | トップページ | 脱・図式化 »

2010/05/18

はちみつ入りゆずのど飴

今日は自主稽古をしました。
六月のオーディションや公開稽古での課題ですね。
私はそのダイアローグをユミさんと練習しました。
ジバリッシュで。

一回目は、流れを意識してセリフを考えながらやってしまった。
おっとっ。ジバリッシュの目的ってそうじゃないです。相手との、セリフ のやり取りじゃなく、「気持ち」のやり取りなんですね。
それを意識してやってみる。

ドンドン感情に合わせて音となって出てくる!面白い……
そして、フユコさんが飴を買って来て下さって、実際に飴を舐めてみる。

びっくりしました。飴の包み紙があんなに愉快に見えたの初めて!
飴の味までが可笑しく感じる。
小さく書いてある「ハチミツ入」の文字。なんだか自然とクスクス来ちゃうんです。笑
その横ではユミさんが飴を舐めながらどんどんどんどん憂鬱になって行くのを感じる。

これがminokawaメソードが世界的に評価された、あのイメージのインストールという方法を使ったら、どうなっていくんだろう!イメージのインストールというのは、動物でもピカソの絵でも、何でも好きなものにその場で変身できちゃうというたまて箱。                  
次はこれに挑戦してみよう。今から楽しみです。

そして、今日はいつもよりジバリッシュをしているときの心の動きを敏感に察知できた気がします。
稽古前に、今まで倣ってきたことでわからないことをお互いに質問してました。

本稽古に入る前、必ずテューニングというものをします。なぜなら、身体は楽器だからです。この楽器をきちんとテューニングできないと、全てが中途半端になってしまう。
今回は、以前注意されたことを特別意識してみました。

・高さの意識
・音程を半音上げる

中々半音上がらないんです、くせになってて。でも半音上げたらよりはっきり色が見えました。
あ、少しはチューニングがしっかり出来たかな?・・・と思います。

人とシーンをやると、色々と生まれるんですね。それが本当に面白いっ!

そして、ここに更にインストールで何倍も生まれて行くのかと思うと楽しみです。まさにたまて箱!

しかし、ジバリッシュをどのようにしたらセリフにして行くことが出来るでしょうか……今後の課題の一つです。

« 5月の公開レッスン | トップページ | 脱・図式化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はちみつ入りゆずのど飴:

« 5月の公開レッスン | トップページ | 脱・図式化 »