トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010/03/31

ありのままの自分と、もう一人の

現在取り組んでいるモノローグレッスンについて書いてみますね。
前半を「ありのままの自分」と後半を「もう一人の自分」で明確に演じ分ける。
昨日のセラ・ジャパンのレッスンでは以下のようなアプローチをしました。

続きを読む "ありのままの自分と、もう一人の" »

2010/03/30

距離感についてその2

距離感を保とうとは思うのですが、一度引き受けてしまったものを投げる訳にもいきません。
かといって終わるまでは……としていても、なんだか終わる頃には浸かり すぎになっていそうで怖くもありますし、終わるまで耐えるのがいかんせん、辛いものですね。

一度引き受けてしまったことは、どの程度の距離を保つのが妥当なんで しょうか?


別件ですが、セラ・ジャパンの稽古課題です。太宰治の女生徒を読みました。先生が「聖書に対峙して書いてる」という風なことを仰いましたが、分かりませんでした。

もしも、舞台の上であの女の子をやるとしたら、なぜ存在しているのか、と聞かれても分かりません。
なぜその話をすべきか、など。思いつきませんでした。

読み方が悪いのかなと思ったりもしますが、それ以前に、まだ土台にしっかり乗れてません。
心が不安定なのも、そして今色々な事に不安を感じているのも、結局はそこなのだな、と。実感し始めました。
焦っても簡単には手に入らないですが、土台を……!

聖書を学びます。

神様、日曜日に行けなかったのをお許しください。

そこからまずは改めなくては。
すでに二日経っていますが、行けなかった事への罪悪感が大きいです。

京都からこんにちは~

先日は参加させていただいてありがとうございました。
京都からメッセージを送らせていただいています。

私は5年ほど前に箕川先生にドマセラピーの講義やセッションを受けておりましたが、
久しぶりという理由だけでなく、とっても難しい~です。

<ありのままの自分>って、感じたままをそのまま吐き出せば良いの?
<もう一人の自分>って、かっこつけた強がりの自分をそのまま出せば良いの?

正直、訳が分かりません。
確かに、普通にするよりも、ジュバリッシュの方が、感情は湧いてきますが、ただ、外に吐き出しているだけです。
距離感?台本との距離感、あらゆることとの距離感?境界線とどう違うの?
どんな脚本も人生について書かれていないものは無い。
正しい世界観として何に向かって書かれているかを知らないと伝えたいことが変わってしまう。
本物を見分ける目って?
体現と表現の違いって?

他のメンバーの方と一緒にあの場所に居て良いのかと不安でいっぱいです。
でも、今の私はやると決めたので、そんな無意味な悩み・願望を持つのでは無くて、自信や誇りも不要で、
希望を持ち続けて、強い意志・志を持って大きな舞台に役者として立つ夢を実現したい。happy02
やり続けていれば何かヒントが見つかると、少なくとも、人生の土台作りには絶対に役に立つと信じています。

俳優ノートなんて大それた内容はまだ書けません。
次回のレッスンまでの私の宿題。

1:自分の土台作りの言葉・目的などをすぐに自分自身の言葉で言えるように書く。
2:声を前に出せるようにする。
3:完全式呼吸
4:エチュードを自分でピックアップし、
<モノローグ><シーン>で、<ありのままの自分>と<もう一人の自分>を
はっきり違うキャラクターで出来ることを目標に練習する。
5:今読んでる戯曲を2行ずつ読んで想像力を湧かせる練習。
6:<5つの目的>を毎日1つずつよ読み込む。


**セラ・ジャパンの中での大きな目標**

6~7月:ジュバリッシュ(outer・inner)
1:モノローグドラマレパートリーひとり3本~4本×3分
2:シーン<ジェイクの女たち>3分
3:狭き門

10月
<Aありのままの自分>
<Bもう一人の自分>
<ミキシング>
いろんなパターンではっきりと違いを出せるようになれる。


****************長い道のりですね~、私には夢?今は希望から抜け出せないかも。

次回はもっと自分自身で噛み砕いて、分析して、少しずつ、焦らずでも急いで、考えていきます。

みなさま、見捨てず、これからも宜しくお願い申し上げます!

こんな私もおりますので、興味のある方はお気軽に仙川劇場に・麻布十番に、のぞきに来てくださいね。
お待ちしております。


2010/03/29

根性とか成りきるとか

演劇界に戻ってきて改めて驚くことが多いです。
いまだに根性とか思い込みとかで芝居がうまくなるという変な呪文のような教えがあること。
20年前にも沢山あったなと思う。
以前テレビを観ていたら著名な演出家が…

続きを読む "根性とか成りきるとか" »

2010/03/27

なぜ そこに いるのか

演じているときにその俳優自身の性格や本性が現れる、とは全くその通りです。
「人に期待しない症候群」の私の場合「さあさあ私は始めるわよ、これが私の愛、これが私の苦悩、これが夢で…ねえ聞いてます?もう面倒だわね自分だけでやるわ」ってな感じでしょうか。…まいったな。
じゃあ、なぜ、そこに、いるのか、という問いに永遠に答えが出ない。
なぜ、私はわざわざ演劇の世界に戻ってきたのか、という答えも出ない。

「未完の女」モノローグレッスンより…

続きを読む "なぜ そこに いるのか" »

2010/03/25

宗教は苦手(俳優ノートより)

これまで宗教と名のつく物は全て遠ざけてきた。
そんな私は聖書を学ぶ、と聞いただけでも身構える。
それは私を含む多くの日本人が聖書=宗教というイメージを持っているからだろう。
そんなイメージ先行型の私がセラ・ジャパンの座学で、こともあろうにやっかいな聖書に真剣に向き合っている。。。
なぜか。

この戯曲を真に理解し演じることができるヒントが、聖書を学ぶことによって見出せるなら、私は喜んでそれらを受け入れる、というスタンス。
それともう一つ。
minokawaメソッドでプロの俳優になると決めた以上、彼のサジェストする言葉の意味を正確に理解したいからだ。

私には過去、初期の箕川メソッドで徹底的に鍛えられた俳優の一人だという自負がある。
そのあと数十年も芝居から離れていた時でさえ、その教えが身体から消え去ることはなかった。
しかし再会した時にはなんと

続きを読む "宗教は苦手(俳優ノートより)" »

距離感とプライオリティ

セラ・ジャパンの授業、座学の一つに、なんと聖書の時間があります。
昨日の座学でのお話でした。

少しお話しましたが、先日まで先輩の卒業式の準備でてんてこまいでした。(T . T)
頼まれてついてしまった役職にとても苦しんでいて、個人的な事で忙しくて手伝いに来れなかった友達に愚痴を聞いてもらったとき。

「聞いてて思うけど、皆頑張る所おかしいよね? 俺たちが、そこ でやるべき事ってさ、頑張る事ってさ、そんな事じゃないでしょ?」と。言われました。

始める前から私も分かっていたのですが、一度引き込まれてしまうと中々這いだせずに「プール」の中でもがいてしまうのです。だからとても苦しかったし、辛かったです。

そんな後の先生のお言葉でした。

だからこれからはもっと距離感を保てるようにしようと。思います。だけど中々難しいです。

温度差が激しすぎて。まだちぐはぐしてます。
気持ちよく感じられるのかは分からないですが、1番妥当な距離感 をまずは保てるようにしていきたい。


と、昨日の話しで思いました。

2010/03/24

新しい風

 箕川功貴のドラマセラピーの最新の記事に、このセラ・ジャパンのメンバーに対するレッスンのことを書いた。それは、教えることと育てることの難しさについてである。

 それは、ふと風を追うように虚しいものであるが、その一方でこのミセスを中心としたエンジェル・プロジェクトの大きな風ともなる。風とは、ヘブル語で、ルーアハといい、呼吸、息、霊のことである。それは、新しいいのちの息吹となる。 from micky

2010/03/17

俳優ノート

今朝の(すでに昨日か)NHKニュースで、聖書を学ぶ講座がビジネスパーソンの間で人気だ、と伝えていた。彼らは「世界に向け仕事をする自分たちが、その世界観を知らずには発信できない」と言う。
その昔、私ら芸術家気取りが小市民と呼んでた人々は、夢などと語らない代わりにちゃんと先を見据えて来たのかしら。時代の最先端をいくのは演劇人の専売特許だったのに。いつのまに逆転した?!って感じだ。

セラ・ジャパンは、聖書を学ぶ座学ってやつがある。
意図したわけじゃないが、なんだかタイムリーだわね。ふふ。
3/24(水)の座学は無料一般公開です(定員10名)
お問い合わせはselah事務所NEXUSへメールで。

今日の私の俳優ノートより抜粋・・・

続きを読む "俳優ノート" »

2010/03/16

狭き門より入れ 箕川功貴発No.4

 このタイトルを見ると、誰もがアンドレ・ジッドの作品を思い出す。語り手ジェロームが、2歳上の従姉アリサに恋をし、アリサもそれに応えようとするものの、この世の幸福を放棄し、神のことばに従おうとする。その神のことばとは、次のイエス・キリストのことばであり、これは聖書に馴染みのない日本人でも、一度くらいは耳にしているものだ。

狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、
そこから入って行く者が多いのです。(マタイ7:13)

 箕川功貴のドラマセラピーの最近の記事に、「滅びに至る門」というタイトルで、女優を目指す二人のミセスの姿について書いた。そして、彼らは、魅力的で誰もが入って行こうとする広くて大きい門を選ばず、熟年を迎えようとしている今、敢えて狭き門から入ろうとしている。これは、若気の至りというわけにもいかず、もしそんな軍団がプロとしてステージに立ったら・・・

続きを読む "狭き門より入れ 箕川功貴発No.4" »

2010/03/15

「ジュリア」

リリアン・ヘルマンの自伝「未完の女」の続きとして発表されたのが「ジュリア」。
30年以上前に映画化されアカデミー賞も取った作品だ。
当時、演技派と言われていたジェーン・フォンダとヴァネッサ・レッドグレープの共演。
デビューしたてのメリル・ストリープも少し登場する。

当時この映画を観た時、なんだかな?~って感じでピンとこなかった。
私はとーっても若かったし、政治色は強いし、二人の女の「生きざま」は、どこか異境のおはなしで理解不能。
とにかく全然面白くなかったのだ。地味だし。

ところが、です。

続きを読む "「ジュリア」" »

2010/03/13

自主レッスン

役者は自分の演技に対しての評価が常に気になる。
例えば稽古場で、コーチや他の役者達の前でシーンをやり終えた後のただならぬ沈黙。まさに「しーん…sweat02」。
失敗の絶句?、それともあまりの素晴らしさに感動?
「絶句」でも「感動」でもいいから、とにかく応答を!カモーン!

失敗でも成功でも、大切なのはその時にもらえる確実なサジェスト。
そのコーチの趣向とか好き嫌いじゃなく、ましてや気分とか(論外)、ではなく
確固たる理論と経験から明確に示唆してもらえることが、役者にとっていかに重要か。

幸いにしてセラ・ジャパンにはそんなアクティング・コーチ箕川功貴氏がいる。
これって実はすごいこと。
風貌は一見怪しげだけどね。ふふふ。

続きを読む "自主レッスン" »

2010/03/11

人生の目的を探る旅 箕川功貴発No3

 セラ・ジャパンのレッスンには、座学がある。座学と言ったら、「座薬?!」と聴き間違えた人もいる。こう聴き間違えた人を一笑に付すことなく尊重すれば、心の空洞に突っ込む座薬みたいなものである、・・と言えなくもない。
 いずれにしても、熟年を迎えようとする人たちが、本気でプロの俳優を目指している。若いときと違って、良くも悪くも失敗は許せない。そんなのっぴきならない状況でレッスンを引き受けたのだから、ボヤボヤしてられない。ショートカットで早道を行かなくては、間に合わない。だからこそ、身体を動かすレッスンよりも、この座学による土台作りが大きな意味を持つ。

 なぜ演劇と関わろうとするのか。俳優たちは、いくつもの役に出会い、何人もの演出家や監督と出会いながら、常に新しい世界観を体験する。あるいは、時に自らの人生と演劇との関わりに歪みやズレを感じ、人生の意味がわからなくなったりもする。しかし、もし、「だからこ俳優をしているのだ。その答えを見つけるために」と思っているのだったら、もはやそこは迷路中の迷路。決して、そこから脱出することはできない。そうでなくたって、この中年軍団。急いでいる。遠回りなどしていられない。人生の意味と・・・

続きを読む "人生の目的を探る旅 箕川功貴発No3" »

8人の女たち 箕川功貴発No2

Save0017
 フランソワ・オゾン監督の「8人の女たち」を観て、好きな役とそれに伴う3つのピース(断片)を選び、いつでもできるように準備しておいて下さい。DVDは、アマゾンなどで中古で購入できます。なんなら、回し観でもいいですよ。この課題は数回先に使う見込みですので。
 いずれにしても、「セラ・ジャパンの8人の女たち¥。まず、女性8人の戦力が必要です。それに男性が適度に加わってくると特徴が出るでしょう。

 では、はじめに作品の深読み・深観のコツを下記に記します。

続きを読む "8人の女たち 箕川功貴発No2" »

2010/03/10

ジェイクの女たち 箕川功貴発No1

Save0017_3
 昨日は、自主レッスンを行いましたか?
 その際のレッスン内容、気づき、発見、疑問などの詳細を各自、blogに書いていきましょう。
 
 さて、レッスン用課題を用意しましたので、次回までに読み込み、何を言われてもできるように準備をしておいてください。画像の通り、ニール・サイモン戯曲集Ⅴ「ジェイクの女たち」より。

P.296-310・303-307・316-319・353-357・375-377
なお、セラ・ジャパンの由来は、このページ上にリンクされている箕川功貴のドラマセラピーに詳細を掲載していますので、確認しておいてください。

 以上。

2010/03/07

「セラ ジャパン」名前の由来

人生の新しい旋律への変化、転換。
岩からの甘く香ばしいかおり、という不思議(エンターテイメント)を発揮する。

そんな深い語源から名付けた「セラ ジャパン」

深く。
そして、高く。

2010/03/06

セラ ジャパン ブログ立ち上げ!

ブログも立ち上がりました!

俳優として、どこまで成長できるか挑戦してみようと思っています。

先生をはじめ今の仲間とこれから集まる仲間を信じて。

from KEN

2010/03/01

セラ ジャパン

さて。

いよいよ始動。

老眼鏡しのばせ極上のエンターテイメントを。

トップページ | 2010年4月 »