« ジェイクの女たち 箕川功貴発No1 | トップページ | 人生の目的を探る旅 箕川功貴発No3 »

2010/03/11

8人の女たち 箕川功貴発No2

Save0017
 フランソワ・オゾン監督の「8人の女たち」を観て、好きな役とそれに伴う3つのピース(断片)を選び、いつでもできるように準備しておいて下さい。DVDは、アマゾンなどで中古で購入できます。なんなら、回し観でもいいですよ。この課題は数回先に使う見込みですので。
 いずれにしても、「セラ・ジャパンの8人の女たち¥。まず、女性8人の戦力が必要です。それに男性が適度に加わってくると特徴が出るでしょう。

 では、はじめに作品の深読み・深観のコツを下記に記します。

1. 作家がどの役に自分を投影しているかを明確にする
2. 作家の立場になる
3. ストーリーを追わずに、心理を追う
4. ドラマの分析法に従って、ピースを選ぶ
5. 作品のキャッチコピーを考える

 次回は、役の分析法です。

« ジェイクの女たち 箕川功貴発No1 | トップページ | 人生の目的を探る旅 箕川功貴発No3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8人の女たち 箕川功貴発No2:

« ジェイクの女たち 箕川功貴発No1 | トップページ | 人生の目的を探る旅 箕川功貴発No3 »